夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~

BookLiveコミック【AC】[~7/31まで10円CP]夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用

夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~

 

私は幸せよ。いつまでも待つわ

碧衣…俺の刑期を分かった上で言ってるのか?

 

今度一緒に会いに行ってもいいでしょ?

 

夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~

 

共同経営していた会社は倒産

パートを掛け持ちしても足りぬ生活

健気に強がり、しかしみるみる痩せていく息子

母親に残された道は

身体を売ること。

しかし、それは悲劇の始まり…

豊満な身体は下衆と蔑むことすら高尚と言える程に

凌辱されていく…。

 

9話まで配信中♪♪

 

↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼↓▼

Bookliveコミックから無料立ち読みできます。

Bookliveコミック

夫は獄中』で検索するとタイトルが出てきます。

夫は獄中、一方妻は_表紙bl

↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲↑▲

夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~

の無料立ち読み画像はこちら。

BookLiveコミック【AC】[~7/31まで10円CP]夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用 BookLiveコミック【AC】[~7/31まで10円CP]夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用 BookLiveコミック【AC】[~7/31まで10円CP]夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~※スマホ専用

あらすじ

 

「わかってるだろ?奥さんは俺に金で買われたんだ。」
――ボロアパートに住む貧乏妻たちを
全て親の金で堕としてきた大家のバカ息子。
彼は獄中の夫を持つ一児の母、
石田碧衣に目をつけていた。
彼はある日
・「なんでも買える魔法のカード」
・「家賃タダ」
・「借金の肩代わり」
をチラつかせて碧衣を住み込みの家政婦として雇いたいと提案する。
身体が目当てなのは明白…。
夫からは身体だけは売らないでくれとせがまれているが、
みるみる痩せていく息子を思い提案を飲んでしまう碧衣。
「こんな名器初めてだぜ…旦那の事なんて忘れさせてやるっ…」
ベロキス、乳吸い、腋舐め、素股…。
今、大家の変態息子による巨乳妻へのねちっこい開発地獄が幕を開ける…。
公式サイトより引用

 

登場人物

夫は獄中、一方妻は_表紙bl

○『碧衣(あおい)』

 

子どもを産んだとは思えないほど若々しい見た目。

殺人を犯し、長期刑に服す夫をいつまでも待つと言い、

息子のたかしをしっかり育てている良妻賢母。

 

パートを掛け持ちして日々を生きているが、家計状況は厳しい。

 

そこを大家の息子に狙われてしまう。

 

○『たかし』

 

碧衣の1人息子。

父想い、母想いの優しい子。

 

成長期で満足に食事を摂れず、ガリガリにやせ細ってしまう。

母親を料理をバカにされて怒るなど、純粋で優しい性格なのだが…。

 

○『大家の息子』

 

 

たかしより少し上の大家の息子。

 

性格は度し難いほど最悪で、

金さえあればなんでも手に入ると思いこんでいる典型的なドラ息子。

 

碧衣の隣に住むタイ人妻を

金にものを言わせて寝取り、

旦那が寝ている(ふり)横で

金こそ正義、旦那はただのクズ野郎、愛など無い、などと

罵声を浴びせ、鬼畜と言えるほど

相手を鑑みないセックスをする。

 

 

碧衣からは”尊厳”について、

タイ人妻から”愛”について苦言を呈されるも、

反感を覚える。

 

 

感想

前作、『悪夢、先生は僕だけのものだと思ったのに』も

読んでいますが、

 

 

やありが個性的。

 

 

ですが、ストーリー構成、

起承転結が秀逸で、キャラクターの個性も豊か。

 

 

絵が受け付けないと言う人は

ちょっともったいないかもしれない。

 

 

ですが、この絵じゃないと、

このストーリーの暗さは表現できない。

 

 

食わず嫌いせずに本編を読んでみることをお勧めします。

 

 

これは個人的な感想になりますが、

従来のシリーズに比べてエロシーンは

パワーアップしていると思います。

 

 

従来シリーズは男役がちょっと気持ち悪いというか、

ものすごく気色悪いんですよ(笑)

 

 

●各話ネタバレ感想とエロシーン

1話:変態夫と大家のクズ息子

獄中の夫との面会シーンからスタートした1話。

面会中に来てくれた愛妻に大変な苦労を掛けていると、

反省の弁を述べ、

 

きっと『致し方ない罪』でこの夫は収監されたんだろうなと

思いきや、

 

面会してきてくれた妻に乳を見せることを頼み込むという

頭のネジが飛んでしまった思考回路を見せつけられてしまいました。

 

やはり水無月三日の作品に登場する男に

『まともな男』などいませんね!

 

そして畳みかけるように

大家の息子が登場。

 

家賃を手渡し、

晩御飯も誘うなど、

仏のような碧衣ですが、

 

当の大家の息子は感謝する様子も無く、

逆にケチをつける始末。

 

優しい息子たかしは碧衣のために怒りますが…。

 

1話ではエロシーンと言えるコマはありません。

若干の乳見せと大家の息子のイヤラシイ視線くらいですね!

 

 

2話:プライドを傷つけられた大家の息子は奴隷のタイ人妻で憂さを晴らす。

イヤラシイ視線で碧衣を見ていた大家の息子。

 

その頭の中はエロい妄想でいっぱい。

 

大家の息子。つまり金持ちの息子として

碧衣を金で買おうと、提案してきます。

 

たかしのいる前でいい度胸です(笑)

 

ですが、その言葉に碧衣は

ビンタで答えます。

 

仏の碧衣もさすがに怒り、

何故か、セクシーポーズを決めて

大家の息子を追い出してしまいます。

 

復讐を誓う大家の息子。

 

隣に住むタイ人人妻メイの部屋に行き

碧衣を脅迫するネタの収集および、

 

碧衣をみて催してしまった劣情を吐き出しにいきます♪

 

旦那が寝てる(フリをしている)横で

メイを乱暴に抱く大家の息子。

 

3話:朝まで続く、執拗なセックスにメイの体力は限界寸前

メイは夫がギャンブルで作った借金返済のために

大家の息子に身体を売っている。

 

愛情も金で買えると信じている大家の息子。

 

糞野郎すぎます(笑)

 

メイを抱きながら碧衣との来るべくプレイを

想像しています。

 

隣には泣きながらシーツを噛んで

耐えきるタイ人の夫。

 

セッ○スは朝まで続き、

 

ふとした会話で、

 

大家の息子はメイから

苦言を呈されます。

 

4話:メイの苦言に激怒する大家の息子。

『人を好きになるのに理由はない』

 

メイがダメ男と結婚した理由を語り、

 

その理由に激怒する大家の息子。

 

『お金で全部は解決しない』

 

この素晴らしい苦言に、

大家の息子は感情の無い目を向けて、

「後ろを向け」と命令。

 

アナル責め開始。

 

お金で屈服したのはお前らだ、

としっかりと分からせようとします。

 

そして、メイから

碧衣の夫は人殺しで服役中という情報を得て、

 

碧衣の息子、たかしに近付きます。

 

 

●エロシーンはどう?

従来のシリーズを踏襲…。というか

この作者のエロシーンは本当にネットリしています。

 

 

男が絵に描いたような”ケダモノ”で

心の中にヤバすぎる闇を抱えており、

それがエッチシーンに随所に溢れています。

 

 

セックスは男性にとって最大の愛情表現というのが

一般論ですが、

作中の男(大家の息子)はそれを直角に解釈していると言わざるを得ないほど

捩じり曲がっています。

 

 

ある意味、痛いほど間違った愛が伝わっています。

 

 

絵については従来よりマイルドになったイメージです。

大家の息子は典型的なブサ面ですが、

気色悪くはありません。

 

 

髪型はタラちゃんみたいですが、

パッとしないってところだけなので、

受け入れられる絵だと思いますよ!

 

 

テキストも

卑屈で救いようのないクズな感じがしていてグッド。

 

たかしをある意味人質にとられ、

良妻賢母が屈服していくさまはそそります♪

 

 

エッチシーンに興味のある方は本編をぜひ読んでください

Bookliveコミック

夫は獄中』で検索するとタイトルが出てきます。

夫は獄中、一方妻は_表紙bl